急な雨や寒さも大丈夫な旅行用の軽量なレインジャケットおすすめ5選【2019年版】

ノースフェイス
旅行時にかばんに一つ入れておくと良いのがレインジャケットです。

雨が降った時はもちろん、少し肌寒い時には上着として使うことができ、寒さを凌ぐことができます。

夏のヨーロッパなどでは、昼間は暑くても夜は急に寒くなったり、急に雨が降ったりすることがよくあります。せっかくの旅行でいろいろ観光したいの時には荷物を増やさずにこういったレインジャケットで快適に過ごせます。

今回はかばんに入れていてもじゃまにならない200g以下の軽量なレインジャケットを5つ紹介します。

ノースフェイス ストライクトレイルフーディ(115g)


以前紹介したノースフェイスのストライクジャケットが130gに対して、今回紹介するストライクトレイルフーディはさらに軽量化が施されて、重量115gです。

軽いだけでなく、耐水圧20,000mm、透湿性40,000g/m2-24h(B-1法)の防水透湿性を維持した、3層構造防水透湿シェルジャケットです。軽さを出すために最新の技術が取り入れられたジャケットです。もちろん超コンパクトに収納できます。

アウトドアリサーチ ヘリウムⅡジャケット(180g)


従来品より6%軽くなり、透湿性は10%軽くなったヘリウムⅡジャケットは小さく折りたたんでかばんの中に入れておけます。重量は180gと非常に軽くなっていますが、防水性は従来品より30%高くなっているので、旅行中の急な雨でもずぶ濡れにならずに済みます。

モンベル トレントフライヤー ジャケット(179g)

ゴアテックス素材を使っていながら、わずか179gと軽量なのが、モンベルの「トレントフライヤー ジャケット」です。耐水圧50,000mm以上、透湿性44,000g/m²ということで、かなりの雨でも平気で旅行が続けられるレベルです。

これだけの高品質なのに、お値段21,000円というのはさすがモンベルです。

【モンベル】トレントフライヤー ジャケット Men's
世界最高水準の性能を備えるゴアテックス素材を使用し、最高レベルの防水透湿性と軽量コンパクト性を実現したモデルです。袖口と裾の接合部分は保水しにくくするなど、レインウエアとしての機能を最大限に高めるために、細部にまで防水・撥水処理を徹底。スマートソーイング(ジャケットのみ)や縫製箇所の削減、シームテープの幅を細くするなど...

コロンビア スクエアハイクジャケット(180g)

高い防水性と透湿性を発揮するコロンビアのオムニシールドが搭載されたスクエアハイクジャケット。ハイキングやフェスのある旅行でも頼りになります。パッカブル仕様なので、使わない時もかさばりません。
11,880円と比較的値段も安めなのがうれしい。

【パタゴニア】フーディニ・ジャケット (102g)

パタゴニアのフーディニ・ジャケットの特徴はなんといってもその軽さ。102gという着ていることを忘れてしまいそうな軽さです。素材は、超軽量なリップストップ・ナイロン100%で、DWR(耐久性撥水)加工が施されています。

洗ってもすぐに乾くので、旅行だけでなくちょっとしたハイキングなどにも使えそうです。セールで安くなった時に買うのがおすすめです。

旅行用に使えるレインジャケットを紹介しました。以前は200gを切るジャケットは少なかったのですが、最近は200gを切るジェケットが一気に増えました。

選択肢が増えたので、デザイン性なども考慮して自分にぴったりな一着を見つけてくださいね。

コメント