オン・オフ使える【THE NORTH FACE】シャトルシリーズ

スポンサーリンク

旅行バッグは定期的にチェックしているのですが、先日たまたまみつけたTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス )のシャトルシリーズが相当良かったので紹介します。

どちらかと言うと出張の多いビジネスマンにおすすめですが、オフの旅行にも持って行ってもおかしくなさそうです。

シャトルダッフル(SHUTTLE DUFFEL)

多機能バッグは結構好きで、よくチェックしています。このシャトルダッフルはブリーフケースのように使えますが、ショルダーハーネスがついており、バックパックとして担ぐことができます。出張にはTUMIのバッグを使っていますが、いかんせん本体が重く、さらにノートパソコンを入れると肩掛けすると肩に食い込んで相当辛くなります。それで、背負えるブリーフケースで良いのを探していたのですが、コレはまさにぴったりです。本体自体もそれほど重くなく、さらに容量57リットルなので、2、3泊の出張でも荷物が入りきらなことはなさそうです。価格は税込で19,440円。

シャトル 4 ホイーラー(Shuttle 4 Wheeler)

シャトルローラーはシンプルな4輪のローラーバッグです。それでいて、タブレットやケーブル類をいれておけるスリープがついています。キャスター付きのバッグは現在LIMOWAを使っているのですが、ポケット等がなくて不便だったので、まさにこのスリープ付きのキャリーバッグは自分が欲しかった形です。しかもほとんどの航空会社の機内持ち込み可能サイズです。

以前紹介したキャスターバッグは少しスーツには浮いてしまう感じでしたが、これだったら、取引先にそのまま行けそうですね。

機内持ち込み可能なキャスターバッグおすすめ3選【2018年版】
旅行かばんというと、色々なサイズがありますが、長期旅行にはスーツケース、短期旅行には機内持ち込み可能なキャスターバッグと使い分けています。 機内持ち込み可能なキャスターバッグは40リットル前後 短期の旅行では荷物も少ないので、飛行機...

シャトルブリーフ(SHUTTLE BRIEF)

シャトルブリーフは普段から使えそうなブリーフケースです。薄型に見えて容量26.5Lあり、17インチのノートパソコンまで収納できます。さらに上のシャトルローラーなどのキャリーバッグハンドルに通せるスリットがあります。シャトルローラーとこのブリーフケースで、短期の海外出張はほとんどこなせそうです。価格も、税込で16,200円なので、シャトルローラーと合わせて購入しても5万円でお釣りがきます。

どの組み合わせで揃えるか悩ましいところです。

コメント