外務省の「たびレジ」は海外旅行時のお守り代わり

外務省がやっている「たびレジ」というサービスがあるのを知っていますか?

たびレジとは?

「たびレジ」とは、3ヶ月以内の海外旅行者に向けたサービスで、渡航先のお役立ち情報や緊急時の情報をメールで得ることができます。メールアドレスは、自分のアドレスの他にも家族や職場のアドレスも登録できます。そもそも、2013年1月に起きた在アルジェリア邦人に対するテロ事件を教訓にできた外務省が新たに立ちあげたサービスです。在留届の提出義務がない3ヶ月未満の短期渡航者、つまり海外旅行者や出張者にも現地の滞在予定を登録することで、渡航情報などの提供や緊急事態発生時の対応に活用されます。

海外で危ない目に合った時や地震などの災害にあった時に、どうしたらいいかわからない時に参考になる情報を提供してくれる便利サービスです。外務省が日本人旅行者の動向を掴んでおくにもいいと思います。せっかくなので国の庇護はしっかり受けといていいと思います。

具体的にどんなサービス

「旅レジ」に登録すると以下の3つのサービスを受けることができます。

お役立ち情報の提供
たびレジに旅行日程を登録すると、旅行先の在外公館の連絡先や旅行先国の渡航情報などがみられます。
緊急時の情報提供
災害や緊急事態が起こった際に在外公館が出す「緊急一斉通報」や、海外安全ホームページに掲載されている渡航先のスポット・広域・危険情報などの「最新渡航情報」が登録したメールアドレスに送信されます。
緊急時の連絡
旅行先の国・地域で緊急事態が発生した際には、登録した電話番号や宿泊先を元に、緊急時の連絡がきます。

登録方法は2ステップ

まずは旅行の情報とパスポート番号を用意して、たびレジのトップページへ
たびレジ – 外務省海外旅行登録

たびレジ   外務省海外旅行登録
「簡単新規登録」をクリックします。「個人情報の取扱いについての同意確認」があるので、「同意する」をクリックして次に進みます。

たびレジ   外務省旅行情報登録
旅行情報を入力します。旅行予定は最大10件まで追加できます。入力が終わったら旅行者情報画面に進みます。

たびレジ   外務省旅行情報登録2
それから自分の情報を入力します。メールアドレスは自分のメールアドレス以外にも4つ入力することができます。

たびレジのまとめ

海外で地震とかあった場合に津波が来るのかとかめちゃくちゃ不安ですよね。そういう時、こういうサービスに登録しておくと正確な情報が届き、迅速な対応ができます。あまり考えたくもないですが、言葉も通じない海外で不測の事態に陥った時にも安心です。

出番がないことを祈って、これから海外旅行に行く時はお守り代わりに登録しておくと良いと思います。ちなみに、登録した情報は帰国後1ヶ月(希望した場合は1年)後には消去されます。

コメント