最安値でホテルに泊まる方法

スポンサーリンク

つりっぽいタイトルで嫌なのですが、友人からよく聞かれるので、ちょっと紹介しておきます。

結論から言うと、ホテルを最安値で泊まるコツは、公式サイトから予約することです。

最安料金を比較する

とは言っても、いきなり公式サイトから予約するようなことはしません。予約する前にまずは最安料金を一括で比較できるサイトで調べてみます。ホテル版、カカクコムのようなサイトがあります。ホテルの価格比較サイトというと、以前はフォートラベルというカカクコムの子会社位だったのですが、最近は雨後の筍のごとく、乱立しています。

国内旅行 ホテル・宿泊を徹底比較![ 旅行の予約サイト フォートラベル ]

取り扱いの旅行会社の種類の多さからすると、旅比較というサイトで調べるのもいいかもしれません。

旅比較ねっと|ホテル予約&海外旅行の無料スマートフォンアプリ

まずはこれらのサイトで最安値を探してみます。

でも、最安値が見つかったからといってすぐ予約してはダメです。

ホテルの予約の仕組み

bookhotel
ちょっとここで、ホテルの予約サイトについても書いておきます。ホテル予約サイトは厳密に言うと、2つの種類があります。1つは、場貸しモデルと在庫モデルです。

場貸しモデル

楽天トラベルやじゃらんがあてはまるのですが、場貸しモデルとはその名のとおりで、場所を貸しているだけです。部屋の料金や部屋の在庫はホテル側がきめています。これらの宿泊サイトはたいていの場合、宿泊があった場合に宿泊サイトに手数料を支払ます。それで、宿泊サイトはできるだけ宿泊する人を増やすことに注力します。

在庫モデル

それに対して、大手の旅行会社などは自社でホテルの在庫を抱えていたりします。予め、部屋を買い取ってしまうことです。まさに小売と同じで、自社でモノ(この場合ホテルの部屋)を仕入れ、それを自社の利益を乗せて、自社で値段付けをして販売しています。

以前は、在庫モデルの宿泊と場貸しモデルの宿泊は明確に別れていました。旅行会社のサイトで、宿泊だけ2つサイトをあるのを不思議に思ったら、これが理由です。例えば、JTBはJTBの宿泊とるるぶトラベルという2つの宿泊サイトを持っていたりします。場貸しモデルの場合、契約はホテルと予約者となりますが、在庫モデルは旅行会社との契約になります。

ま、この辺りは、そういうことなんだ程度に思ってもらっていたら大丈夫です。

最安は公式サイトなのになぜ比較?

公式サイトが最安値と最初に価格比較する理由は、この宿泊サイトのモデルにあったりします。実は在庫モデルは旅行会社がホテルの値付けを行っています。なので、どうしても在庫がはけない時は、在庫一掃セールが発生します。

あと、人気ホテルなどは公式サイトが予約できなくても旅行会社に在庫がある場合は、こちらから予約できたりすることがあります。

国内宿泊で常に上位にいる東京ディズニーランド周辺のホテルはじゃらんや楽天では全然取れない、もしくは空きがないのに、JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行などでは安く予約できたりするのは彼らがリスクを取って在庫を確保しているからです。

そういった掘り出し物を探すのに、比較サイトは非常に便利です。逆にどこの宿泊サイトでも同じような値段で出ており、同じように部屋も開いている場合は、公式サイトが最安値です。

ベストレートギャランティー(最安価格保証)

最近のホテルはチェーンを中心に「ベストレートギャランティー(最安価格保証)」をやっています。そらそうですよね。予約サイトを経由されて来たお客さんは、ホテル側は宿泊サイト側にその手数料を払わないといけません。最近は、その手数料がばかにならなくて、数%〜数十%とらています。しかも、ポイント代だのなんだの取られて、さらに負担は増えています。

そうやって高い手数料を払ってくるお客と、自社のサイトからくるお客とでは、集客コストが全く違いますよね?

なので、自社サイトで直接予約してくれるお客さんには最安値を提供できます。こういう時にも比較サイトで料金を知っておくといい交渉材料になるので、そこはしっかり抑えておきましょう。

ということで、つらつら書きましたが、まとめると・・・

1.宿泊比較サイトで、最安値を比較

2.旅行会社の在庫セール品があったら、即予約

3.じゃらんや楽天と旅行会社が同じ値段だったら、公式サイトで最安値を予約
(公式サイトも同じ値段だったら、多少はネゴってもよいと思うよ)

もちろん、この前紹介したTonightのクーポンとかある場合は、この限りではないので、バーゲン情報にはなるべく目を光らせておきましょう。今後はこのサイトでも紹介していこうとは思っています。

コメント